IFF MAGIC JAPAN ~ファッションに関する日本最大級のスタイリッシュな展示会~ IFF MAGIC JAPAN, マジックジャパン, JFW, 展示会, ファッションイベント, B to B

マジックジャパン、インスタグラム、インスタ、ソーシャルネットワーク
LANGUAGE
  • JP
  • EN

04 HIGHLIGHT

IFF MAGIC JAPAN Edition: 04の見所をご紹介!

  • 01 DENIM LOOK
  • 02 PINKY TOKYO
  • new 03 CONSCIOUS AREA
  • new 04 KIDS’ AREA
  • 05 ART in MAGIC
  • 06 NUIGURUMI
  • 07 SAPEUR
  • 08 International Brands
  • 09 TOKYO SHOE MAKERS
  • 10 OFFICIAL FLORIST
  • 11 SOURCING at MAGIC JAPAN
  • 12 CASH-&-CARRY
  • 13 EDIT, PICKUP
  • 14 MEN’S PICKUP
  • 15 DENIM BRANDS
  • 16 LADIES’ PICKUP
  • 17 ROMANIA
  • 18 PINKY BRANDS
  • 19 CREATORS VILLAGE
  • 20 OTHERS

DENIM LOOK AREA

世界に誇る日本のデニム技術、世界観をトータルに。

「日本のデニムが見たい!」という海外のトップバイヤーのリクエストで立ち上がったDENIM ZONE。前回4月展では名だたるデニムブランドが集結し、日本が誇るデニムに関わる高い技術や潜在能力が感じられる場となりました。続く9月展ではZONEの一層の飛躍、拡大を目指してジーンズだけでなく、アクセサリー、ライフスタイルグッズ、アートなどデニムに関わるすべてが揃う“THEDENIM LOOK”として生まれ変わります。エリア内にはラウンジも設け、デニムの家具を配置してデニム中心のライフスタイルをトータルに提案します。

PINKY TOKYO

東京発のファッションとライフスタイルを濃く発信。

日本を代表するスタイリスト、相澤樹がディレクションするエリア。前回4月展ではパリのMerciをはじめ、世界のTOPリテーラーからの熱い視線を集め、その場で購入し、持ち帰れるCASH-&-CARRYでは売り切れも続出しました。2回目となる9月展では「海外に向けて自信を持って発信するNIPPON、TOKYOブランド」を集積します。ラウンジには、アパレルブランド「ワンピースとタイツ」「ATTENOY」のデザイナーであり、都内でカフェもプロデュースする米田年範氏がPINKY TOKYO CAFEを限定オープンします。内装は神楽坂の花屋、te-n.がカラフルで可愛らしいファッションとライフスタイルが融合した空間を演出します。

WHO IS MIKITI?

PINKY TOKYOディレクター
相澤 樹Miki AIZAWA

宮城県出身。文化服装学院スタイリスト科卒業。2005年にフリースタイリストとして独立。現在は雑誌、広告、CMなどのほかアートディレクション、衣装デザイン、空間プロデュースなども手掛ける。アパレルブランドTrinca un plus unのディレクター。著書に『Re BonBon』(祥伝社)、『kawaii図鑑』(文化出版局)ほか。

CONSCIOUS AREA

強い意識(コンシャス)がサステイナブルな“ものづくり”を生む。

環境課題、リプロダクト、労働問題等なド持続可能な社会 の実現ガ大きなウネリとなり、エシカルな調達を実現しサステイナブルを掲げるブランドが世界的に増えています。
そうした動向に応える「CONSCIOUS AREA」が登場します。 日本では「エシカル」という言葉が表面的に捉えられ、ファッション性をないがしろにする傾向がみられます。「エシカル」を コンセプトに掲げなくても、強い想いでものづくりをするブランドが実は多く存在しています。既存のイメージを覆すことで社会貢献につながる生活者の意識をファッションが引き出し、 広げていく。そんなファッションの”役割”が際立つエリアです。
エリア内にはantipurCOTTAGEで作られたラウンジや日本でCONSCIOUSを代表するブランドが集結します。楽しくてワクワクするような空間で、商品自体が語る、強い想いやストーリーを感じていただけます。

CONSCIOUS DISPLAYにはエリア以外のゾーンに出展しているブランドから集めた、強い意識 (コンシャス)が込められた商品を展示しておりま す。INHEELSディレクターの岡田有加氏がナビゲーションいたします。

NAVIGATOR

INHEELS ディレクター
岡田有加YUKA OKADA

千葉県銚子市出身、慶応義塾大学総合政策学部卒業 。大学卒業後外資会計事務所系コンサルティングファームにてM&Aコンサルタントとして勤務。退職後渡英、ロンドンにてフェアトレードファッションブランドのホールセールエグゼクティブを勤める傍ら、夜間学校にてファッションデザイン、パターンカッティング等を学んだ後2012年エシカルファッションブランドINHEELSを起業。勉強会めぐるファッションラボ主宰。アーティストインレジデンス施設ALMOST PERFECTコファウンダー。2012年アシックス33DREAMSエル・オンライン賞、2013年ソーシャルプロダクツアワード受賞。

PEOPLE TREEフェアトレードカンパニー

Aチョコレート
人気の冬季限定フェアトレードチョコレート。2018年の新作はハイカカオの「ペルー75」とアーモンド感タップリの「ホワイトアーモンド」厳選した原材料をつかって贅沢な口どけに仕上げています。
BLee
「Lee」とコラボのオーガニックコットンデニム。大人気のシリーズに待望の新作が登場!

KIDS’ AREA

初のキッズ集積。大人の売り場も魅力倍増へ

初となるベビー・キッズ・トドラーのアイテムが集めるKids’Areaは受付入ってすぐのアトリウムに!子供服だけでは無く、雑貨、親子コーディネートも揃います。

ART in MAGIC

アートとの融合は時代の風!

アートを中心とした新しいゾーン、ART in MAGICが9月展からローンチされます。プレビュー展示となった前回4月展では来場者から高い評価を得て、出展したアーティストやギャラリーにも喜んで頂きました。ファッションとアートは元来強い関係にありますが、特に近年はアートを含めたライフスタイル提案に力を入れている小売店が目立ち、その関連性が一層強まっています。今回の展示では絵画だけでなく、造形物など幅広い作品を集積するほか、ライブアートなどのインスタレーションも行う予定です。クリエイティブなラウンジスペースも開設し、ファッションとアートのつながりを体験できる場となります。

NUIGURUMI

アーティスティック&ビューティな世界を体験する。

子供の愛玩物にとどまらず、大人が楽しむアートやインテリアとして、ファッション性の高いぬいぐるみが大注目です。作家(造形師)が作り出す美しく、アーティスティックなファンタジーワールドをPINKY TOKYOエリア内にてご堪能頂けます。

noconoco

NUIGURUMI ARTIST no.1

使用する布の特徴を計算しながら、紙で立体裁断しパターンを起こす。そこから生まれるリアルさは、一点一点こだわり抜いて創作したのが感じられる。作品の中には珍しい動物や絶滅危惧種などが多く見られ、アーティストの環境や生き物への想いが見えてくる。
「大人が持ちたいぬいぐるみ」がコンセプト。

togawa doll

NUIGURUMI ARTIST no.2

造形師、外川大作(Togawa Taisaku)による個人ブランド。 全ての人形は独自の手法にてオールハンドメイドで制作、一点一点が異なる表情を持つ。
写真のような大型の作品と日常生活を彩る小型アイテムの展示、また小型の作品はCASH-&-CARRY(販売)も行う。

SAPEUR

「服が汚れるから争わない」
過酷な内線を経験して生まれたコンゴ独自のファッション文化。

アフリカ・コンゴのおしゃれな紳士「サプール」のコンゴ人デザイナーLeBachelor(ル・バチュローア)氏が展開するブランド、CONNIVENCES(コニバンス)のアジア初お披露目がIFF MAGIC JAPANとなりました。
パリ・モンマルトルの丘近く、アフリカ人街で名高い「Château Rouge」にある「SAPE & CO」というブティックには、欧州各国の有名人や大使館職員などがブランドを求めにきます。パリにおいても他にはない独自のセンスはすでに日本でも2018年2月号の「宣伝会議」で取材されています。
CONNIVENCESはPINKY TOKYOにて初の展示を行い、CONSCIOUSエリアのDISPLAYには「THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」の著者で写真家のSAP CHANO氏の写真を展示します。

PHOTOGRAPHER

写真家
SAP CHANO

「THE SAPEUR コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」の著者。2016年には入場券を購入するまで1時間を要した伝説の渋谷西武百貨店のSAP CHANO写真展を開催。

international brands

世界各国から出展で多様な集積

アメリカのMAGICをはじめ、ヨーロッパ、アジアから、多くのブランドが出展するZONEです。今回の注目はルーマニアから初出展する7ブランド。エレガンスで上質なレディース・メンズ・アクセサリーを提案します。フランス、イギリス、イタリアからも前回の出展者に加え、初出展のブランドが多数参加予定です。アメリカからはカラフルなプリントを中心としたブランドや、子供から大人までに人気を誇りアメリカのぬいぐるみ業界を牽引してきたTy(タイ)が新ラインを発表予定。
アジアからは韓国発のポップなブランドを含む数十社が出展するほか、香港や台湾からは機能性とデザイン性を兼ね備えるバッグブランドも出展します。
インドの上質なストールブランドやトルコのレザーブランドと、海外ブランドとの新しい出会いが広がります。

TOKYO SHOE MAKERS

Japan Shoe Makersからは10社が参加!
今回は浅草だけではなく日本全国から靴が揃います。

OFFICIAL FLORIST

てん.の世界で会場を彩る

神楽坂駅にあるお花屋さん「てん.( te-n.)」が今回も会場を彩ります。ウエディングから展示会、個人宅からイベント・・・様々なオーダーに対応するてん. のショップはおとぎの国のような空間です。EDIT,ラウンジをはじめ、 PINKY TOKYO CAFE、COUNSCIOUS エリアのディスプレイなど各ゾーンで雰囲気がガラっと変わる演出に注目です!

SOURCING at MAGIC JAPAN

モノ作りを積極支援します

世界中からOEM、ODM、素材やパーツのサプライヤーが集結します。カジュアルからハイエンドのアパレル・フットウェア・ファッショングッズを生産する中国工場を始め、日本や海外との取引実績がある内モンゴル、タイ、インド、パキスタン、バングラデッシュのメーカーも出展します。アルパカとピマコットンで有名なペルーも!小ロット対応のファクトリーからSPA型で量産可能な工場まで幅広いラインナップでモノ作りを支援します。
タイからは11社が参加!対日経験も豊富な企業が集結します。BOONCHUAY GROUPは染色や後加工をメインに、対日取引を10年以上行っており、アパレルだけではなくホームファブリックや車の内装等も手がけている。
S.P. Brother Co., Ltd.はタイだけではなくカンボジアにも工場を持ち、日本の大手GMS、セレクトショップからスポーツ・インナーメーカーまで幅広く取引をしている。最大の強みは1500人のスタッフと豊富な対日取引歴。
Theparerg Co., Ltd.も同様、日本の大手スポーツメーカーや海外GMSと取引経験が豊富。デニムが得意でダメージ等の加工も全て自社内で完結できる設備が整っている。

Edition:04初!
今回は来場者や出展ブランドが海外サプライヤーの新作や一押し素材を見て、触れるディスプレイエリアもご用意。ブースを周る前に各出展者の製品一部をご覧いただけます。

CHINA

FOOTWEAR SOURCING

靴の生産で良く知られているGuangzhou(広州市), Jinjiang(晋江市)とFujian(福建省)を含む中国企業も30社が出展。サンダル、スニーカー、パンプス、ブーツなど幅広く展示します。

THAILAND

BAG SOURCING
VT THAI

VT THAIは藤、藁、竹、ブドウの蔓...等、様々な素材で職人やデザイナーと協力してモダンな雑貨・服飾雑貨を作る企業。民芸品の風合いを残しつつもモダンなデザインに落とし込み、HPも日本語対応されていて、日本人の好みも理解して形にするノウハウを持つ。

CASH-&-CARRY

お気に入りを展示会で手に入れよう!

会期中に販売を希望するブランドを対象に実施するのが「CASH-&-CARRY(買って、すぐ持ち帰る)」。
可愛い!欲しい!と思っても実物をその場で買えないのが従来の展示会。その枠を超える新しい取り組みです。

カード支払いに対応するブランドも多数参加するので気軽に買い物をお楽しみください。

気になる商品がありましたら、写真をクリック!
他の商品もご覧いただけます。

ふるふる ayako.ceramics Coloridas お塩の石鹸 (株)ジャパラン Guchico. Q-pot. COUGUE Druzy in organic JI'NE SOCKSist No Standing Here PARRISH proef No,No,Yes! togawa doll People Tree BOMCORVO 5.11 Tactical store TOKYO KANA MATSUNAMI Lano 宮城興業(株) melting ユキヒーロープロレス ADDSTUDIO Ceres Inc. Ruka (株)ロンロ XIAMEN roy roy seoul LANGXINHANMA The SUPPORT Arts and Crafts MAISON MINED Less PASHMINA.COM PALAVA

EDIT, BRANDS PICKUP

EDIT, ZONEのブランドをピックアップ!

scylt

BOOTH No. E-208

Only one design luxury shirtをコンセプトにデザイナー自ら、デザイン、パターン、縫製を手掛ける。 ビスポークのシャツはディテール、サイズ間、デザイン全て美しく、他ではみることのできない個性になっている。

ELZA WINKLER

BOOTH No. E-309

ELZA WINKLERは日本のデザイナーEiichiro Nakai氏によって、2014年に設立された日本発のレディースラグジュアリーブランド。ELZA WINKLERのコレクションは、一切の妥協を許さないパターン作りと、最高級のクオリティを持つ生地のみを厳選することで生まれる、エレガントで美しいシルエットが特徴で、全てのコレクションを日本で製作している。デザイナーが世界的ビッグメゾンの最前線で培ってきた経験をもとに、新しい前衛的なスタイルを追求しながらも、常に古典的、伝統的な視点を背景に服としての完成度に最大限のこだわりを持つ。

I’M BEAUTIFUL

BOOTH No. E-201

I’M BEAUTIFULは30代後半〜40代の女性をターゲットとしたコンテンポラリーブランドです。デザイナーのヘイ・ジン・パークは女性が「自分は美しい」と自信を持てる大胆かつミニマルな洋服を提案します。コレクションの大半は”BTFL”と命名したオリジナルの素材を使用しています。ストレッチ入りのダブルポリエステル混はスポーティーなイメージの中に、女性らしい動きを出します。

Mare di Mari

Booth No. E-310

韓国でニットのOEM/ ODM会社としては大手のHEEWON PLANNINGが手がけるニットブランド、Mare di Mari感覚。長年培ってきた技術と社長が30年間ウールとカシミアをデザインし続けてきた感覚をデイリーウェアに落とし込んだデザインは着心地はもちろんシンプルなデザインの中にもモードを感じさせる。クオリティーの安心と信頼は韓国のみならず、世界が認めている。

MENS BRANDS PICKUP

MENS ZONEのブランドをピックアップ!

BRU NA BOINNE

ブルーナボイン

「いまだかつて人のゆかぬ道を心猛く進む この服を身にまとい」をテーマに カテゴリーにとらわれないモノづくりを発信。今回はレザーウェアを中心とする''BUTライン''とお財布を中心とする''WALLETライン''を展開。

DEPARTMENT FIVE

ディパートメントファイブ

独創的かつ経験豊富な2人の事業家が出会い、2007年ブランドスタート。
「memory 」の中にある何か懐かしいものにインスパイアされたコレクション。 それらが、現代に合わせて調律され、Rock musicによりアレンジされた。 そのスタイルはストリートファッションの本質を見つめなおし、革新し続ける。 音楽と映画の世界の融合は、 枠にとらわれる事の無い独特な個性と強さをブランドにもたらした。 現代的なスタイルと本能的なイメージは不滅の魂のロックスタイルに通じている。

WIZZARD

ウィザード

ウィザード(wizzard)は英語の“魔術師”という意味。1着の服も着る人の組み合わせや、バランス、によって違った表情を見せる、着飾る事、それは一種の魔術にも似ている。着る事での可能性や個性、楽しみを伝えていける服を提案していくという想いがこめられている。
「IDENTITY-個性- IMAGINATION-想造力- INVESTIGATION-追求-」がブランドコンセプト。 常にストリートとモードの要素を兼ね備え、レイヤードスタイルを中心に多素材のドッキング、製品染めなどの手法を使ったアイテムやニットを展開。

DENIMBRANDS PICKUP

DENIM ZONEのブランドをピックアップ!

makerhood

Johnbull

「時代を超え、愛され続ける服を創る。」
ジーンズの聖地として名高い岡山県倉敷市児島にて学生服・作業服のメーカーとして創業し、国産ジーンズの草創期である1960年代前半にジーンズの製造に着手。
服それぞれが持つ意味や、魅力、ルールを熟知したうえで、リアリティとクオリティを追求し、「ジーンズ」「ワーク」「ミリタリー」「ドレス」の新しい価値を世の中に届けること。それが私たちジョンブルの役割です。
今回の新レーベルmakerhoodは「モノづくりに携わる人々への共感とリスペクト」をテーマ に、真摯にモノづくりに取り組むクラフトマンやアーティストに向けた「生活を豊かにする為のワークウエア」として、エプロンやユニフォームを中心に展開するレーベル。

STUDIO D’ARTISAN

1970年代、「日本で最初のセルビッチジーンズ」を作ったブランド、ステュディオ・ダ・ルチザン。
大量生産向けのデニム生地にはない、旧式の力織機で織られた昔ながらのデニム生地のみが持ちうる、独特の硬さ、ムラ感、色落ち、風合いにこだわり、スタンダードなファイブポケットにとどまらず、時にはアバンギャルドなプロダクトさえ生み出してきたS T U D I OD'ARTISAN & SA.が、創業から一貫して守りつづける「モノ作り」のスタイルは、ジーンズをはじめとした古き良きヴィンテージウェアの忠実な再現ではなく、むしろそれらに最大の敬意とオマージュを捧げながら、独自のエッセンスや解釈を加え、新しい価値を創造。
今回出展のフォックスシリーズは、1989 年に約 5000年前の綿である茶綿 (フォックスコットン)を甦らせ、本来あるべき植物の強さ、あるべき綿としての機能を備えたものになります。ステュディオダルチザンにしかないオンリーワンの FOX シリーズ。

SOULIVE

日本の伝統衣装・ワーク・ミリタリースタイルをベースに、インディゴ染めをキーワードにMADE IN JAPANのオリジナルファブリックを企画開発し、より素材が生きる洋服を生み出す。
移ろいゆく時代のなかでも、手作業のものづくりには温もりを感じずにはいられません。職人とともに何度も繰り返す実験的開発と手作業のパッチワークをブレンドした洋服は、年月を重ねるほどに味わいと奥行きを感じでいくものになります。
私たちの発想と職人の熟練した技術を掛け合わせ、着る楽しみを感じ、そして語っていただけるコレクションを提案。

LADIES BRANDS PICK UP!

レディースゾーンのブランドをピックアップ!

Plume Nova

Booth No. W-108

Plume Novaはインドの2人組によってつくられたブランド。コンテポラリーな創作性とインドの豊かな職人技を組み合わせた、ユニークで高品質の手仕事によるスカーフを創造、制作している。

Andu amet

Booth No. W-310

“アフリカの雄大な自然やカルチャーにインスピレーションを受けた独創性の高いデザイン”、“触れた瞬間幸せになってしまうような極上のシープスキンの風合い”、そして“目には見えない製造工程の美しさも追求するエシカルなコンセプト” が特徴のレザーファッションブランド。CONSCIOUSエリアに登場!

Fanaka

Booth No. W-808

素材感やディテールにこだわり、刺繍やレースを用いた細やかで繊細なデザインと 天然素材の着心地の良さで温もりを感じるブランドです。

HITMAN & Co.

Booth No. W-706

インポートシューズ&バッグのセレクトに定評のある、HITMAN&Co.イタリアのバッグブランドROBERTAPIERI, 機能性を備えたシューズブランドSUS。そして19SSコレクションでは、スペインのNEWBRAND "PLUMA V"を展開予定。

LITTLE MARKET

Booth No. W-806

毎日に“楽しい”と“ハッピー”を!元気な日はより元気に、気分がなかなか乗らない日もお洋服の力を借りて、友だちと会う日はちょっと流行を自慢できるアイテム。毎日をハッピーにしてくれる洋服。

ROMANIA brands

ルーマニアから日本初上陸のブランドが7社出展!

メンズ・シューズが1社ずつに5社のレディースアパレルで参加。
注目の日本初上陸のブランドばかりが揃います。

Brand No.1

MAYRA FASHION STORE

女性らしいエレガンスな装いを得意とするブランドで、着心地にこだわり女性らしさを追求したデザインに成っています。

Brand No.5

Mirela Diaconu

Brand No.2

irina Schrotter

1990年にスタートした同名のデザイナーによるブランドでルーマニアのファッション業界を代表するようなブランド。96年からはNYのショールームでも発表しており、キャットウォークショーもやっている。

Brand No.4

Musette

1992年に貿易会社としてスタートした靴を中心とするレザー小物の会社。
イタリアの工房で製作する商品はラグジュアリーなヒールからスポーティーなものまで様々なタイプが揃っている。

Brand No.6

Passion By D.

Brand No.3

Avant-Garde Factory

Brand No.7

Maison Chouchou

着易さと同時に女性のあるべき姿を追求したデザイン。多色使いが得意で28-50代の幅広い女性に向けて発信している。デザイナーのAlexandra Andriescuはメディア等にも露出し本国ルーマニアで活躍している。

PINKY TOKYO PICKUP

PINKY TOKYOのブランドをピックアップ!

前回9社で始まったPINKY TOKYOは今回、KIDS’ AREAも入れて45社、ブランド数で言うと60近く集まっています。今回はメンズアパレル・海外からも初めてPINKYに参加しているのが特徴。

どのブランドもこれからマーケットにどんどん浸透させたい!するであろうブランドをディレクターのミキティの目線でピックアップしました。また、会場では多くのブランドがその場で買って持ち帰れるcash&carryも!安く買えるチャンスでもあり、ミキティ店長のFANCY SHOPでは今回は即席のフラワーアレンジメントの販売も行いますので、乞うご期待!

JI’NE

BOOTH No. AT-046

ROMEING PANDA

BOOTH No. AT-032

togawa doll

BOOTH No. AT-025

tashiro

BOOTH No. AT-036

JI’NEは毎回新しい手描きが注目されるガーリーなレディースアパレル。ROMEINGPANDAはニューヨークのキッチュなライフスタイルブランド。今回はパンダモチーフのグミベア(どこかで見たことあるかも?)を使ったアクセサリーを紹介します。togawa dollはオールハンドメイドの大人が欲しくなるぬいぐるみを。キーチャームからランプまで様々なタイプを用意しています。
メンズではtashiroがMADE IN JAPANにこだわった糸と編地のアパレルを披露。

Creators Village PICKUP

Creators Villageのブランドをピックアップ!

FEMALE GIANT

BOOTH No. CV-07

「現代の女性が、伸び伸びとパワフルに、自由に生きるための洋服を。」
デザイナー田中佑香によりスタートされたブランドの名には、女巨人のように力強く、しなやかに、優しく生きたいという、デザイナー自身の望みが込められている。
東西の美術や神話などを背景にしながら生み出されるデザインは、クラシカルながらも、ひねりが加えられることで、幻想的な表情をもつ。

Lano

BOOTH No. CV-10

ひとつひとつデザイナーによるハンドメイドで創られるラノのコレクション。
それはアクセサリーともジュエリーとも言いがたい、Lanoならではのもの。 繊細に作り込まれ、金属という素材の冷たさを感じさせない優美で、ぬくもりのあるコレクション。

BOMCORVO

BOOTH No. CV-02

華美ではなく、地味でもなく、履くだけですべてが完結する靴をつくりたい。
「あるようでなかった」と言われる心地良さを形にする。 BOMCORVOの靴は素材から靴作りに至るまで、たくさんの人の手によって作られている。
伝統や職人の確かな技術によって生み出されたMADE IN JAPANという信頼とともに、履き心地に拘った靴作りを目指している。

OTHER CONTENTS

その他、会場での見所をご紹介します。

株式会社糸編:セコリ荘

Booth No. CV-35

東京の下町、月島にある築90年の古民家を改装したコミュニティスペース「セコリ荘」のオーナーであり、株式会社糸編代表の宮浦晋哉氏がIFF MAGIC JAPAN 4月展に引き続き、9月展にも出展いたします。前回は日本全国の産地の生地をディスプレイし、多くの国内外の来場者やクリエーターを魅了しました。糸編が作り出す、日本のものづくりのストーリーをお楽しみください。

PHOTOBOOTH

インスタ映え間違いなし!
各エリアにインスタ映えするPHOTO BOOTHを設置します! それぞれのテーストで仕上げた空間と演出です。お楽しみください
ハッシュタグは#iffmagicjapan

FAIR. COCKTAIL TASTING

@ CONSCIOUS LOUNGE

CONSCIOUSラウンジ内にてFAIR.というフェアトレードのお酒の紹介や試飲などをするSMALL AXE INC.が来場者にフリーでワンドリンクカクテルを毎日16:00~18:00まで(最終日は17:00まで)の間、振る舞います!

古くからフランスの職人達が培った酒造りのノウハウを、材料となる各国のフェアトレード作物と繋げ作り上げられるFAIR.は3 種類のスピリッツ、 6 種類のリキュールを揃え、ブランドとしてフェアトレード認証を受けており、その素材の多くはオーガニックのものを使用しています。 是非、FAIR.をご堪能しに来てください!

PAGE TOP

9月展の出展者リストは8月中旬にOPEN予定です。

9月展のHIGHLIGHTは8月中旬に公開予定です。